遺伝的プログラミングによる特徴量生成でLightGBMの精度向上【kaggle Advent Calendar 11日目】 – u++の備忘録

遺伝的プログラミングによる特徴量生成でLightGBMの精度向上【kaggle Advent Calendar 11日目】 – u++の備忘録

遺伝的プログラミングによる特徴量生成でLightGBMの精度向上【kaggle Advent Calendar 11日目】 – u++の備忘録

遺伝的プログラミングによる特徴量生成でLightGBMの精度向上【kaggle Advent Calendar 11日目】 - u++の備忘録

本記事は、kaggle Advent Calendar 2018の11日目の記事です。 qiita.com 執筆のきっかけ 先日参加したKaggle Tokyo Meetup #5 の ikiri_DS の発表「Home Credit Default Risk – 2nd place solutions -」にて、遺伝的プログラミングで生成した特徴がLocal CV、Public LB、Private LBの全てで精度向上に貢献したという話が…

はてなブックマーク - 遺伝的プログラミングによる特徴量生成でLightGBMの精度向上【kaggle Advent Calendar 11日目】 - u++の備忘録 はてなブックマークに追加

Source: はてな_kaggle
遺伝的プログラミングによる特徴量生成でLightGBMの精度向上【kaggle Advent Calendar 11日目】 – u++の備忘録