仮説と可視化から新しい特徴量を作る Kaggleのタイタニックを例に – u++の備忘録

仮説と可視化から新しい特徴量を作る Kaggleのタイタニックを例に – u++の備忘録

仮説と可視化から新しい特徴量を作る Kaggleのタイタニックを例に – u++の備忘録

仮説と可視化から新しい特徴量を作る Kaggleのタイタニックを例に - u++の備忘録

本記事では、Kaggleのタイタニックを例に、仮説と可視化から新しい特徴量を作る過程についてまとめます。
仮説と可視化から新しい特徴量を作る
予測精度に寄与する新しい特徴量を作成するに当たっては、仮説と可視化を繰り返す過程が大事です。
予測精度に寄与しそうな仮説を立てる
可視化を実施する
予測精度に寄与する…

はてなブックマーク - 仮説と可視化から新しい特徴量を作る Kaggleのタイタニックを例に - u++の備忘録 はてなブックマークに追加

Source: はてな_kaggle
仮説と可視化から新しい特徴量を作る Kaggleのタイタニックを例に – u++の備忘録