KaggleのWinner solutionにもなった「K近傍を用いた特徴量抽出」のPython実装 – u++の備忘録

KaggleのWinner solutionにもなった「K近傍を用いた特徴量抽出」のPython実装 – u++の備忘録

KaggleのWinner solutionにもなった「K近傍を用いた特徴量抽出」のPython実装 – u++の備忘録

KaggleのWinner solutionにもなった「K近傍を用いた特徴量抽出」のPython実装 - u++の備忘録

今回は、KaggleのWinner solutionにもなった「K近傍を用いた特徴量抽出」を紹介します。
Rでの実装は公開されていますが、Pythonでの実装は確認できなかったので、自前のPython実装も公開しています。
github.com
アルゴリズムの概要
近傍数を、分類するクラス数をとした場合に、アルゴリズムは個の特徴量を生成します。…

はてなブックマーク - KaggleのWinner solutionにもなった「K近傍を用いた特徴量抽出」のPython実装 - u++の備忘録 はてなブックマークに追加

Source: はてな_機械学習
KaggleのWinner solutionにもなった「K近傍を用いた特徴量抽出」のPython実装 – u++の備忘録